Complete text -- "文学者と作品(日本文学) 1"

29 June

文学者と作品(日本文学) 1

次の問いに答えなさい。

1.歌数約4.500首(全20巻)からなり大伴家持が編者と伝えられる現存する日本最古の歌集は?

2.宮廷生活の中で折にふれて感じたことを個性豊かに書き綴り、「源氏物語」と並んで平安文学の双璧とされる作品とその作者は?

3.天竺(インド)・震旦(中国)・本朝(日本)の説話約1.000編を集成した日本最大の古説話集とは?

4.鎌倉時代には宮廷女流日記が流行したが、その代表作「十六夜日記」の作者は?

5.鎌倉3代将軍源実朝の作品716首を収めた歌集の名は?
10:16:00 | akira10 | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック